FAQfaq

畳表に家具等のへこんだ跡がついたら

へこんだ所に適度に霧吹きをし、濡れタオルを当て、アイロンをかけると元にもどります。その後はから拭きをし、水分を残さないようにしてください。

畳にカビが生えてしまったら

酢の原液をスプレーに入れ直接カビに吹き掛けて下さい。カビの胞子の飛散を防止し、カビの菌に対する殺菌効果があります。(この時の注意事項:原液が畳の畳縁や畳以外の物に掛からないように十分注意をして行って下さい。畳縁は素材によっては変色する場合があります。また金属類は腐食の原因になります。)
畳の目に詰まったカビは歯ブラシ等で取ってください。その後は消毒用アルコールか酢を入れた少し熱めのお湯で拭いて下さい(乾燥を早めるため)。後は乾燥を心掛けて下さい。
当日が良いお天気で湿気の少ない日であれば窓を開け、そうでない場合は、エアコンのドライ機能を活用し、十分に乾燥させてください。その後、掃除機(ヘパフィルターの付いた掃除機が出来れば望ましい)で畳表の目に沿ってゆっくり丁寧に掛けて下さい。

ダニ・カビを防ぐためには?

窓を開けて風通しを良くしてください。
湿度には注意して換気してください。
室内で犬・猫等のペットを飼っている時は、こまめにお掃除を。
家具類を壁際に密着させないでください。
ジュースや水などをこぼしたらすぐ拭いて、ドライヤーで乾かしてください。

日常のお手入れはどうすればいい?

掃除機で畳の目にそってやさしくこまめなお掃除をしてください。
掃除機をかければ普段のお掃除は十分です。
拭き掃除の場合は、から拭きかお湯で固く絞った雑巾で拭き、余分な水分は吸収させないでください。
畳の上にカーペットや上敷きなどを敷かないでください。湿気をこもらせてカビの原因となります。また掃除ができないためダニの巣になります。
ピアノや机のような脚のある重いものを置くと畳が傷みます。板の上に乗せるなどしてください。

ページトップへ